忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

分類
 小物

処方
 ムー的な超科学を心の底から信じる人。適当にうなずいてやれば喜ぶので話を合わせてやればよい。

概要
 自己肯定の方法として、こういう不思議な事を知ってるんだぜと語る、と言うものを身に着けてしまった人で、基本的には相手の話を聞かずにべらべらしゃべる。

 相手の表情を読み解くことが非常に苦手であり、顔を見るよりも喋る方に意識が集中してしまっている。よって、相手の顔や目を見ないで喋ることが多い。本人もイメージを思い出しながらしゃべっているため、自分の顔がどちらを向いているかについてはあまり意識をしていない。

 自身がオカルト的な内容を否定された場合には容赦なく、科学的な検証結果等を示したとしても政府の陰謀などとし、たとえ目の前でその実験を見たとしてもどこかに陰謀が隠れていると言う妄言を展開し決して信じようとはしない。対して同好の志の言動に対しては、なんの証拠が無くともそれを信じ、同調する。

 人間慣れしておらず、相手からの評価をあまり気にしないため、話し方がたどたどしく整理がついていない。また身なりにもあまり気を使わない傾向が強い。

 NPCとして登場させる際には、味方でも敵でもどのポジションでもそれなりの活躍が期待できる。味方の場合は、他にはないユニークなスキルを持たせたり、敵の場合は世界観とは逆の方向に向かった妙な手ごわさなどを持たせると際立つ事かと思う。

 とにかく、周囲とは違ったベクトルを信じ込んでいる事。世界観から思想を逸脱させることで、逆に世界観を固定化させるスイカの塩みたいな役割を果たしてくれるので、ストーリー全体としては小物ではあるが、作品としては重要な調味料になりうる。

 なお、ムー自体は我々創作活動を行う人間にとっては世界観の資料ともなりうる価値ある雑誌である、と言うフォローを入れて締めくくりたい。

PR
分類
 中ボス

処方
 責任感があるため、人の重みを背負いたがる。こっそりと下ろしてやらないと共倒れになりうることも。

概要
 非常に責任感が強く、実行力も申し分ない。ただし、責任感の強さからか、他人の重みをあえて拾いに行く傾向がある。それ自体は善行と言えるが自身の持てる重みを把握していないため、自分自身で潰れに行ってしまう。

 自身の持てる重みを把握しなかったために、仕事を入れすぎて多忙になり健康を害したり、他人の重みに触れてしまったがために精神的に病んでしまうなど、自分自身で自分自身を潰してしまう。

 まだいけると言うような認識もなく、普段通りに重みをもちに行くため、大木が折れるかの如く突然潰れてしまう。当然、持っている重みが重ければ重いほど、周囲への害も大きくなる。自ら取りに行く都合上、周辺が預けたものも少なくなく、共倒れの危険性は大きい。

 自身がそうであると、他人もそうである、と思い込むのは別段特別な事ではない。つまり、自分自身が重みを背負いに行く性格ゆえに、他人も重みを背負うものであると言う認識が強い。これにより、相手が持てない荷物を持たせようとする事が少なからずある。知らず知らずのうちに人を潰すことが有り、本人にはその自覚は薄い。

 往々にしてこのタイプは周囲から頼られる存在であり、それ故にそこそこ地位も高く、人脈の中心的な存在となる。甘える人が増えれば増えるほど重みは増していき、潰れる時はそれに甘えてきた人々もろとも崩れ去ってしまう。本人に持てる重さの自覚が無いため、この崩壊の予兆を察することは困難を極める。

 他人の責任にすることが苦手なため、小規模の組織の頭をやる事はあるが、中規模、大規模の長はこなせない。崩れる前に、相手の荷物を取り除くなど、相手から感謝はされないであろうが、ケアをしてくれる縁の下の力持ちが居れば長続きする。

 物語に登場させる際には、頼りになる味方として登場させ、山場で崩してしまうとドラマチックになるだろう。ここを上手く崩さず、重荷を取り除いてやれるかどうかはプレイヤーの選択次第とし、実際に取り除くシーンはシナリオの腕の見せ所ともなるだろう。

 伏線として、何かしら人助けをしたがるような節を序盤からしっかり見せておくといいだろう。それと同時に、主人公らを取り巻く環境が徐々に傾いていっている様子もそれとなく見せておけば、この人物が倒れた瞬間、どっと押し寄せる出来事によって、どれだけこの人物が重要であったかをプレイヤーに伝えることが出来るはずだ。

分類
 中ボス

処方
 誰に対しても、何事に対しても、自身の関わるものは否定し、自身の関わらない物には羨望のまなざしを向ける。チーム全体の士気を下げる要因となるので、機会を見て遠ざけると良い。

概要
 自分自身に対する否定の意識が非常に強い。同時に、自分自身が関わった物、組織、地域、友人、ありとあらゆるものに対して文句を言い続ける。自分自身の可能性を肯定するために行われるもので、本人の理想は非常に高く、漠然としている。

 全力を出して物事に取り組むと、上手くいかなかった場合に自分自身の実力不足を肯定してしまう恐れがあるため、常に手を抜いて取り組む。大雑把な体裁を手早く整えるが、それ以上の事は決して手を付けない。

 本人の言によれば、全力を出さないのは全力を出したくなる仕事じゃないからとの事であるが、これも属する組織が悪く、自分は悪くないと肯定するための防衛手段である。

 この手の防衛手段はありとあらゆる事柄に対して行われる。その日の体調はもちろん、自身の境遇、職場、上司、部下、友人、ありとあらゆる方面に対して不満を持ち、そしてそれを全員に解るよう口にしてしまう。このため、チーム全体の士気を下げる事があり、チームで制作にあたっているものの品質を落とすことが有る。

 単純作業を繰り返し行うような職場であれば大して問題にもならないが、接客等、外部の人間と積極的にかかわる様な仕事に当てると、その不満が他に伝播し、スタッフの表情が暗くなり、やる気の低下を招いてしまう。出来れば一人だけで行う作業を割り振った方が良い。

 仕事が面白くないから全力を出さないのか、それとも全力を出さないから仕事が面白くならないのか。鶏と卵の話に近いが、脳の構造から言えば明らかに後者である。

 登場させる際には、主人公に近しい人間よりも、主人公が抱える問題の一つとして登場させた方が良いように思う。例えば、途中、鳴り物入りで入ってきたが実は……というパターンや、優秀な上司が左遷され代わりに入ってきたのがこれとか、そういったパターンが面白いと思う。

 他にも、ものすごい上層部や部下の部下に一人こういう個性を入れておくと、どこか他人事のような形でスパイスに近い役割を果たしてくれると思う。

 あるいは、大胆に主人公自身をこういうタイプにして、この性格を直さないまま進めるのも、それはそれで面白いと思う。

分類
 小物

処方
 大きな害を成すことはなく、常識的な行動がとれるため友人としては普通に付き合える相手。取り繕うよりもストレートに不満などを伝えた方が伝わる。

概要
 いわゆる天才肌の人間で、何をやらせても小器用にこなす。その腕前を鼻にかける事も少なくなく、それ故に空気がやや読めず、知人が減るという事も少なくない。熱中しやすい性格のため、TPOを無視することもある。

 器用なのだが、普通よりは上手いであったり、初めてにしては上手い、と言うレベルであり、少々努力すればその域に達することは難しくない。そのため、始めた直後には良く褒められたが、始めてからはあまり褒められた事がない。

 努力による成功の経験が少なく、初見で褒められた経験が多いためか、小さなことの自慢をよくする傾向にあり、それが煙たがられる大きな要因となっている。例えば現在時刻を当てるとか、持っているビデオカメラを自慢するとか、辛いものが得意だとか、そういった小さな自慢を本当に良くする。また、努力せずともある程度こなせてしまう為に、現状よりも上手くなろうという意識は非常に乏しい。

 なんにでも手を出す性格であり、怖いもの知らずでもあるのだが、極めて早熟で成熟する事が少ない。逆に言うと、何か新しい事を初め、初期人員が足りない場合などには非常に重宝する人材でもある。ただし、やはりTPOなどの面で何かしらの難は有るため、理解のある人間を常に共に配置しておかないとトラブルの火種となりうる。

 登場させる際には、そもそもがスペシャリストにはならないので、大きな障害や大きな手助けとなる事は無い。よって、手のかかる友人などのポジションが良いだろう。ストーリーのあまりない作品であれば、例えば早熟で成長は見込めないがコストが安く数をそろえやすいタイプのユニットであったり、あるいはFEのジェイガンのような、最初から成長限界のような人物などに近い役割を与えてやれば上手く隙間を埋めてくれるかと思う。

分類
 中ボス

処方
 思春期ぐらいに良くある自己肯定の手段の一つ。自分から口にする人は若さからくる攻撃的な一面を常に備えているため、積極的には関わらない方が良い。

概要
 自称多重人格の言う所の人格が表に出ているときと言うのは、ぶっちゃけ本人の設定に従って下手な演技をしているに過ぎない。物事に対する反応に変化はない。例えば突然スマホを破壊されたときの反応や水をかけられたりと言った、感情的になる様な物は同じ反応を返すし、設定していない事柄に関する返事は同じものになる。

 深くかかわらない限りは大して損害も発生しないのだが、同じように多重人格などに惹かれるタイプの人間は友人から恋人へと発展することもある。厄介なのはここからだ。

 自分自身の人格が変わったような演技を自己を肯定するためにやっているので、そもそも現実を受け入れる力に乏しい。本当はもっと優秀で、今の人格は本当の人格じゃないから幸せな人生を送っていないと、努力をせず安直に肯定する方向へと逃げる癖がついている。

 この癖がついた人間は、ちょっとしたトラブルがあるとすぐに鬱だとか言うようになり、とにかく「可哀想な私」を演じて周囲の気を引こうとする。何かあったとしても、決して自分が悪いとは思わない。

 お前が悪いと言う為に、リスカしてその動画を送って来たり、ヒステリーを起こして当たり散らすことも少なくない。

 友人であれば距離を置くことが出来るし、恋人であれば別れる事も出来る。もちろん別れ話は相当にめんどくさい事になるが、離れる事は出来る。災難なのは親や兄弟といった血縁関係で、これはなかなかやめることが難しい。

 家族からすると、もうあいつは他人という認識であっても当事者はそれを受け入れない。母親だろ、父親だろ、兄弟だろとつめより、少しでも意にそぐわない場合、物理的な攻撃に出る事も少なくない。

 加齢と共に、こういった行動が逆に損である事を認識し始め、恥ずかしく思うようになるので少なくとも多重人格を演じる事は無くなっていく。ただし、しみついた安直な方向へと逃げる癖はなかなか抜ける事は無く、周囲から煙たがられることは少なくない。

 ゲームや物語中に登場する際は、人間的な成長により影を潜めるまでの時間は足りない場合が多い。たいていの場合はヤンデレや不思議ちゃんなどの、攻撃的な一面をマイルドにしたり、独占欲の強い部分を強化したりした状態で登場する。

  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]