忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

分類
 小物

処方
 血の気が多く突然絡んでくることが有る。論理よりも感情を優先するが、本人は論理的だと考えており、会話の成立は期待できない。優越感に浸りたいだけの人種なのだが、絡んできた際にはすべてを否定的にとらえるためにおだてても逆効果となる。なるべく無視したほうが良い。

概要
 非常にバイタリティのある人物で、歯車さえうまくかみ合えば成果を残せる人物ではある。ただし、自身から噛み合わせようとはせず、また噛みあっているかどうかの確認も行わないため、ほとんどの場合上手くはいかない。

 自分自身に対して極めて保守的で、それ故に左翼的思想に傾倒しやすい。弱者を守れと言ったり、伝統を守れと言ったりはするが、自分自身を守れという主張の隠れ蓑に過ぎず、また、それをいう事で自分は弱くないという虚勢を張っている。もちろん自分から弱者層に対して支援をすることは一切ない。

 行動力があるため何かしらの組織を引っ張る事は有るが、言動がデタラメなため人が定着せず、辞めていった人を大いに非難する。そういう組織運営をしておきながら、「人がすぐやめる会社は社内の環境づくりに問題がある」と言う意見に賛同し、続けられない環境を作れないトップが悪いといった趣旨の発言を行う。

 自分自身の実力をやたらと誇張して語り、何を問われてもプロ級の腕前と豪語するが、発表された作品は一つもない。にもかかわらず、「実際にやらせてみると何もできない」と言う非難を行い、さらには、発表されたものに対してはケチをつける。

 とまぁ他人に対する非難、批判のそのことごとくが自己紹介になる。

 物語においては序盤、中盤、終盤と、イヤミなNPCとしてスキのない活躍が期待できる。あまりにも自己愛が酷いため、このタイプを一人配置するだけで、普通の性格が天使のように見えるはずだ。

 最終的に解決するような問題を持たせる必要は無く、何か問題を起こしたとしても個人的な問題であり、切り捨てる流れにしてしまうのが良いだろう。ただしコントラストの負の要員としては貴重であり、切り捨ててしまうのはもったいないので、そもそも問題を抱えさせず、嫌みをずーっと言い続けるポジションに配置したほうがいいだろう。

 本人が解決するべきトラブルに遭遇することもあるが、主人公らはそれを眺めるか、なんでその程度の事でそこまで怒るのだろうと言った感想を持たせてやると良い。例えば自転車が盗まれ、購入するとお金がすべてなくなると言い、それに対して安いのを買えばいいのにといった感想を抱くなどでも十分主人公に対する共感が得られるかと思う。

PR
分類
 中ボス

処方
 生き物を収集する癖を持った人物。非常に重大な精神的疾患を抱えており、何か大切なものを失った喪失感を埋めようとして生き物に走った。よって、長期的にケアし、新しい大切なものを共に見つけるか、あるいは自身がその大切なものになるか、もしくはなるべく初期の段階で距離を置くこと。

概要
 ペットを飼育する人には二種類ある。対象の命を大事にする人と、大事にしない人だ。大事にする人は自分の命、余裕があって初めて成り立つものであるという事をよく理解しているため、複数の生き物を飼育したとしても、経済的な余裕を損なうほど切羽詰まった頭数を飼う事は少ない。

 生き物という物は成長し、特に多頭飼いを行うと交配により数が増える事もある。当然、数が増えれば飼料費がかかってくるためその分家計を圧迫する。ただし、交配がきっちりと行えるような飼育環境を整えられる人は、ここで里親に出したり、ペットショップに個人で相談しに行ったり、業者登録を行い即売会等で販売するなど、支出の調整を行うことが出来る。

 アニマルホーダーの場合、そもそも飼育環境を整えられない場合が多いので、交配により子供が増える事は少ない。それどころか、生まれて間もなく世話が行き届かずに死亡してしまうケースも少なくない。ではどこで数を増やしてくるかと言うと、拾ったり、購入したり、里親に手を挙げたりと、とにかくある程度の大きさの物をどこからか持ってくる。

 前述のとおり、当人の飼育能力の限界を超えて保持しようとするために、そこで飼われている生き物の健康状態は非常に悪い。また、動物の世話がきちんとできないという事は、そこかしこに排泄物がある、という事になり、雑菌や害虫による汚染が室内には発生している。もちろん、糞尿以外にも、餌の食べ残しや、動物の死体等による汚染も、である。

 飼育対象の命を大事にする人は、自身の経済状況を把握できている人でもある。つまり、自身の飼育能力を把握できない、アニマルホーダーは飼育対象の命を特に大切にはしていない。動物がいる、と言う点で自身の喪失感を埋めようとしているに過ぎない。

 自分自身の喪失感を埋るため、動物を集めるのだが、引き取る際、外面が良ければよいほど引き取りやすいという事をよく理解している。よって、善意のボランティアであったり、善意の動物に対する救助活動であったり、動物保護と言う名目であったりと、耳障りの言い隠れ蓑をかぶることが多い。また、本人も本気でそう思っているため、これらは嘘ではない。当然のことであるが、身なりもそれなりに良いものを選ぶ。

 嘘ではないために見抜くことが非常に難しく、飼育環境を直接見ない限りは相手がそうであるとは解らない場合が多い。経済感覚に乏しいため、例えば、飼育している生き物の相場だとか、いくらで販売しただとか、そういった会話をすれば見抜けるかもしれないが、通常、飼育者同士でそのような会話をすることは稀である。

 彼らから飼育している動物を奪う事は非常に困難を極める。というのも、喪失感を埋めるために行っているので、収集した生き物は、彼らにとっては彼ら自身に等しい。自身の肉体を引きちぎられるに等しい精神的苦痛を味わう為に、非常に大きな抵抗を示す。

 重大な精神的疾患を抱えているため、精神科医のケアが必須と言える。もし遭遇したら距離をなるべくとる事。素人がおせっかいで関わってよい相手ではない。ただし、糞尿などによる環境汚染は次第に近隣の住居に広がっていくものであるので放置もよろしくは無い。疑いが人と接触したら、市役所等へ相談に向かう事。その際、決して犯人扱いしない事。

 なお、余談であるがペットッショプは裏社会の入り口が比較的近くにある業界でもある。ワシントン条約に引っかかる生き物を密輸して、国内繁殖と称して販売したり、プレゼントで客に買ってもらった犬を、見送ったのち店に売るキャバ嬢など、意外と大きな口を開けて人間の心と社会の闇が佇んていたりするので、ペットショップを経営する際には、そういった人たちから声をかけられても関わらないよう注意が必要でもある。

 キャラクターとしては非常に大きなインパクトがあるため、中盤などで主人公らが解決するべき問題として取り組ませるといいだろう。動物を他の物に置き換えて、病的な収集癖があるとしてやれば、だいたいどんな世界観にも溶け込ませることが出来る。

 置き換える際、以下の点を押さえておくこと。

  • 収集癖がある
  • 収集物を失う事を極端に恐れる
  • 家や部屋はゴミ屋敷に近い
  • 外に出る際の身なりには非常に気を遣う
  • 理知的ではなくすぐに感情的になる
 以上の面を見せてやれば、プレイヤーにも何らかの解決しなければならない対象であると伝わるはずだ。

分類
 中ボス

処方
 聞きかじりの知識で専門的な分野を取り扱う。大きな事故に至る可能性があるので、早急に違う分野の仕事を与えること。

概要
 善良で、善意によるお手伝いを好む性格の人が多い。なんでもやってみれば解ると言う信条のもと、なんにでも手を付けるため、経験が反映されるもの、例えばスポーツであったり、料理であったり、テストであったりとフィードバックが個人にある、個人技に関しては人よりも優秀な成績を残す。

 その反面、成果が自分の身体に反映されにくい物に関しては、あまりよい結果を残さない。飼育、コミュニケーション、法的な事務作業、マーケティング、舞台などを苦手としている。

 本人はこれまでの経験から、なんでも手を付けた方が早いと感じ、専門的な知識を要する分野でも臆することなく進むが、事前の学習等をすっ飛ばしてしまうため、基礎的な部分が抜けることが多々としてある。また、自分自身を見るのは得意だが、他人からどう映るか、他人にどう印象を与えたいかなど、伝えると言う面が非常に苦手である。よって、トラブルに対しての処理が非常に大雑把になり、禍根を残すこともしばしばある。

 いったん刷り込まれた知識に対して疑問を持つことが少なく、指摘されても今まで問題なかったから大丈夫だと返す傾向にあり、違法な行為に堂々と手を付ける時もある上に、それを堂々と提出してしまう。これまで問題が発生していないのは運が良かったからで、いずれは引き金となる。

 虎視眈々とこのタイプが属する組織や、このタイプ本人を狙う者が居る場合、弱点そのものとなり、攻める口実をどんどん積み上げてくれる無自覚なスパイとなってしまう。下手に誰かが爆破スイッチを押す前に、担当を変えた方が望ましい。

 配置換えの際、その担当の年月が長ければ長いほど対象を否定することになり、またあまりにも短いと、経験を重視する傾向から反発されることもある。言い回しや人間関係に関しては十分に気を遣う事。

 登場させる際には、序盤から伏線として登場させておくとよい。トラブルメーカーと言うわけではないし、普段から頼りになる様な存在として登場し、プレイヤーに好印象を与えておけば、物語終盤で大きなトラブルになった際、より大きなインパクトを与えることが出来るだろう。

 物語の要としても機能しうるので、ヒロインや親友などが望ましい。あるいは、短編のスパイもので敵対組織を崩すきっかけとしても上手く機能すると思う。

分類
 小物

処方
 経験がない事に対して延々と持論を語り続ける。聞いている時間が無駄になるが、同じように経験が無い人間の集まりの中心になりやすいため無下にすると後々面倒になる。適当に相槌を打ちやり過ごすこと。

概要
 特に芸術の分野で良く表れる。絵を描いたことが無いのに絵のアドバイスをしたり、彫刻を掘ったことが無いのに彫刻のアドバイスをしたり、写真を撮影したことが無いのに写真のアドバイスをしたり、と言った具合に、とにかくアドバイスをして優越感に浸りたい類の人物。

 やったことが無いと書いたが、人に見せていないだけで趣味以下でかじったことが有る人が多い。大抵の場合、鑑賞側に回るが、これも鑑賞してこの芸術が解る自分が凄いと自分に浸っているだけで、作品の良し悪しは関係ない。他人の評価が高いものが良い作品で、他人の評価が低いものは悪い作品ととらえる。

 アドバイスを行おうとする対象を常に求めており、往々にして駆け出しの新人作家等に話しかけ持論を展開する。割と長年そういう事を続けているので、業界ではそこそこ有名。創作活動を長年続けそれなりに名前の売れた人は基本的に腰が低いため、こういった人にもきちんと挨拶をするので、駆け出しはこのアドバイザーに対して力のある人と誤解し、アドバイザー本人はコネがあると勘違いし優越感に浸る。

 ボランティアの無給スタッフとして参加することも少なからずあるが、スタッフとして参加することが目的であり、催し物の成功が目的ではないためほとんどの場合が足手まといとなる。ただし、本人からしてみればタダで使われてやっているという認識が強い。また、お金は成果に対する報酬ではなく拘束時間に対する対価と考えるため、たとえ報酬を用意したとしても本人は成長しない。ここを見抜けず重用すると、水面下でのトラブルが広がっていき大きな問題となって表面上に現れることが有る。深入りさせてはいけない。

 つまり、創作物には登場させ深入りさせた方が、面白い展開になる、という事である。 ちなみにこじらせると詐欺デューサーにクラスチェンジする。

 登場させる際には、最初からイヤミな人物としては登場させない方がいい。腰の低い、人当たりのいい、気のいい、そんな感じの好感触を持たせておき、徐々に徐々に口出しをするようにしていくと良いだろう。他のNPCで大物と挨拶をするシーンなどを入れてもいいと思う。ただし、挨拶をされた大物から彼を語るシーンは避けること。

 仲が良くなるにつれて余計なアドバイスで色々な作品にケチをつけたり、大物の作品で主人公の評価が内心では低いものを絶賛したりと、この人解ってないんじゃないかと言う面を徐々に見せていくこと。最終的には人間関係をこじらせる元にしてやれば、お囃子以上の存在感を出してくれると思う。

分類
 小物

処方
 保有している技術面に関しては優秀で色々なものを作る。ただし、それ以外で問題を抱える事が多い。大きな問題に発展することは少ないが暇になると何かしらやらかすので、常に作業を与えるか、必要以上関わらないこと。

概要
 メインの役柄として登場するよりも、サブイベント的な役割とした方が活躍が期待できる。単発で登場したり、ずっと登場するが開発担当であったり、この人本人よりも、この人が作ったものが解決の対象になったり、手助けになったりする。

 基本的には技術面では優秀だが、善悪よりも技術で出来る事を優先する傾向が強い。よって、倫理観を無視することが多々あり、意図せずして法を逸脱してしまう。本人は可能だから作った程度の認識であり、それが悪い事だとは思っていない。よって、周囲から注意された際もその理由、原因については把握できず、再び全く同じ問題を起こすことが有る。

 トラブルに発展した際、話を聞いてもらえないと憤慨するが、どちらかと言うと話を聞かないのは本人であり、これも技術を優先するが故、出来るけどやってはいけない事、と言う面に関して理解するのは難しいためである。

 また、技術を優先的に手に入れてしまったため、他者とのコミュニケーション能力に問題があり、関係者が3人になると必ず問題を頻発させてしまう。善良な人間であり、悪事をわざと働く悪人ではないが、知らず知らずのうちに悪事を行う事が多くそれが周囲の反感を買う事もしばしばある。よって、一人でぽつんと配置されている場合が多い。
 
 メタルマックス2のドクターミンチやバトー博士、改造町人シュビビンマンの豪徳寺博士がこれに近い。 友達になりたくない、空気の読めない人物として登場させ、強力なアイテムを製造させ、以後は関わらないといった、システム的な一面の強いNPCとして活躍が期待される。

  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]