忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/29 (Tue)
キャラデザサンプル007:自称多重人格
分類
 中ボス

処方
 思春期ぐらいに良くある自己肯定の手段の一つ。自分から口にする人は若さからくる攻撃的な一面を常に備えているため、積極的には関わらない方が良い。

概要
 自称多重人格の言う所の人格が表に出ているときと言うのは、ぶっちゃけ本人の設定に従って下手な演技をしているに過ぎない。物事に対する反応に変化はない。例えば突然スマホを破壊されたときの反応や水をかけられたりと言った、感情的になる様な物は同じ反応を返すし、設定していない事柄に関する返事は同じものになる。

 深くかかわらない限りは大して損害も発生しないのだが、同じように多重人格などに惹かれるタイプの人間は友人から恋人へと発展することもある。厄介なのはここからだ。

 自分自身の人格が変わったような演技を自己を肯定するためにやっているので、そもそも現実を受け入れる力に乏しい。本当はもっと優秀で、今の人格は本当の人格じゃないから幸せな人生を送っていないと、努力をせず安直に肯定する方向へと逃げる癖がついている。

 この癖がついた人間は、ちょっとしたトラブルがあるとすぐに鬱だとか言うようになり、とにかく「可哀想な私」を演じて周囲の気を引こうとする。何かあったとしても、決して自分が悪いとは思わない。

 お前が悪いと言う為に、リスカしてその動画を送って来たり、ヒステリーを起こして当たり散らすことも少なくない。

 友人であれば距離を置くことが出来るし、恋人であれば別れる事も出来る。もちろん別れ話は相当にめんどくさい事になるが、離れる事は出来る。災難なのは親や兄弟といった血縁関係で、これはなかなかやめることが難しい。

 家族からすると、もうあいつは他人という認識であっても当事者はそれを受け入れない。母親だろ、父親だろ、兄弟だろとつめより、少しでも意にそぐわない場合、物理的な攻撃に出る事も少なくない。

 加齢と共に、こういった行動が逆に損である事を認識し始め、恥ずかしく思うようになるので少なくとも多重人格を演じる事は無くなっていく。ただし、しみついた安直な方向へと逃げる癖はなかなか抜ける事は無く、周囲から煙たがられることは少なくない。

 ゲームや物語中に登場する際は、人間的な成長により影を潜めるまでの時間は足りない場合が多い。たいていの場合はヤンデレや不思議ちゃんなどの、攻撃的な一面をマイルドにしたり、独占欲の強い部分を強化したりした状態で登場する。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]