忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/04/11 (Mon)
キャラデザサンプル011:ムー民
分類
 小物

処方
 ムー的な超科学を心の底から信じる人。適当にうなずいてやれば喜ぶので話を合わせてやればよい。

概要
 自己肯定の方法として、こういう不思議な事を知ってるんだぜと語る、と言うものを身に着けてしまった人で、基本的には相手の話を聞かずにべらべらしゃべる。

 相手の表情を読み解くことが非常に苦手であり、顔を見るよりも喋る方に意識が集中してしまっている。よって、相手の顔や目を見ないで喋ることが多い。本人もイメージを思い出しながらしゃべっているため、自分の顔がどちらを向いているかについてはあまり意識をしていない。

 自身がオカルト的な内容を否定された場合には容赦なく、科学的な検証結果等を示したとしても政府の陰謀などとし、たとえ目の前でその実験を見たとしてもどこかに陰謀が隠れていると言う妄言を展開し決して信じようとはしない。対して同好の志の言動に対しては、なんの証拠が無くともそれを信じ、同調する。

 人間慣れしておらず、相手からの評価をあまり気にしないため、話し方がたどたどしく整理がついていない。また身なりにもあまり気を使わない傾向が強い。

 NPCとして登場させる際には、味方でも敵でもどのポジションでもそれなりの活躍が期待できる。味方の場合は、他にはないユニークなスキルを持たせたり、敵の場合は世界観とは逆の方向に向かった妙な手ごわさなどを持たせると際立つ事かと思う。

 とにかく、周囲とは違ったベクトルを信じ込んでいる事。世界観から思想を逸脱させることで、逆に世界観を固定化させるスイカの塩みたいな役割を果たしてくれるので、ストーリー全体としては小物ではあるが、作品としては重要な調味料になりうる。

 なお、ムー自体は我々創作活動を行う人間にとっては世界観の資料ともなりうる価値ある雑誌である、と言うフォローを入れて締めくくりたい。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]