忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

カテゴリー「作成ツール」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パソコンは意外と脆い。しかも困ったことに突然壊れ、下手するとそのデータを復旧させることが出来なくなる。これの対策はバックアップを取ったり、専用の機械を使ってサルベージしたりと言う手段がある。ただし、前者は習慣の無い個人ではつい忘れてしまうものだし、後者はそれ専用の機材など個人で持つ必然性は全くない。

 運悪くバックアップを取っておらず、パソコンが立ち上がらなくなった場合はどうするか。ショップに持って行って修理などをお願いすることになる。

 ある日、うちの母親のパソコンが立ち上がらなくなった。パソコンにはそんなに詳しい人ではないので、当然バックアップなど取っていない。講演や舞台の台本の原稿、チラシのデータなどが入っていたので、データを取り出さないと仕事にはならない。サルベージする機材などという存在を知るはずもない彼女は、某ショップにパソコンを持ち込み、「データーを取り出して、後は処分してくれ」と頼んだ。後日、連絡があった内容はこうだ。

「ハードディスクを取り出して破壊機にかけましたので、もう大丈夫です」

 不幸中の幸いだったのは、原稿に関しては打ち合わせのために他の人にデータを送っていた事と、チラシに関してはデザインをした人の所に元データがあったため、近々の物に関しては大きな支障は出なかったものの、こんなことが有ってと愚痴の電話をこちらによこしてきた。

 もしHDDを破壊機にかけられたのが筆者であれば、損害賠償を起こすレベルの不祥事だ。何せ作りかけの商品データが入っているのだから。

 ショップ店員と言うプロでさえ、「処分」しか耳に入らないようなハズレに遭遇してしまうとこの様である。と言うわけで、目の前にあるHDDに100%の信頼を置いてはいけない。

 より高い信頼度を得るためには、そもそもデータを預かり、管理し、保守するプロを頼るのが一番いい。簡単に言ってしまえば、ブログやホームページのレンタルサービスを行っている業者を利用することだ。

 非公開のブログ等を一つ用意して、そこに原稿や設定などのテキストを思いつくまま記入していけるし、何よりもネットさえ繋がれば、出先で加筆修正が出来ると言う強みがある。

 おすすめはwiki。

 ブログだと、心理的に完結したものを作らなければいけないと思ってしまうが、wikiであれば気軽な更新が可能で、何よりもサイト内リンクを設定しやすいためページ内を巡りやすくなる。用語集を作りやすい設計なので、創作活動の設定や、制作時のメモなどを残すにはうってつけで、ことテキストに関しては検索が出来る都合上、ローカルに残すよりも便利がいい。

 転ばぬ先の杖として、一つ導入してみてはいかがだろうか。もちろんテキスト以外のバックアップはちゃんと取ろう。

PR


PR
筆者のものだが、実際に同人ゲームやフリーゲームを作成している環境について。主に以下の物を使用している。

  • RPGツクールVX Ace
  • 3Dカスタム少女

元々は宣伝のため

 元々はカス子modを売り、生計を立てている人間なのだけれども、ぶっちゃけた話が、もっと出来のいいmodを作っている人が沢山いるので、特に販売直後の売り上げ数っていうのは、目を覆いたくなるような物が多い。有難い話で、本当に気に入ってくれた人が購入してくれていて、どちらかと言うとmodより筆者個人を気に入って、と言う方からのお買い上げが、販売直後のものとなっている。当然そんなにいない。

 個人を気に入ってくれた人だけからお金を頂いて生活をするのには当然足りないので、何とか過去作を売る手段を産み出さないと首をつらなくちゃいけなくなるわけだ。アトピーがあまりにもひどいので、家からはあまり出られない。経済的に自立するために、なんとしても過去作を売らないと行けない。と言うわけで、宣伝の手法として思いついたのがゲーム作り。

 昔からゲームは作ってみたかったのだけれども、残念ながら絵が描けず、一番開発したかったエロゲとなると相当にハードルが高かったのだが、幸いカス子は元がエロゲなだけあり、その方面にも強く、また有難いことにSS等に関しては商用利用をしてもいいと、懐の深い規約になっているため、一番弱かったグラフィック面に関しての光明のようなものを同時に掴めた。

いざ開発

 問題は開発エンジンをどれにするか、だ。最初はノベルゲーから始めた。DLsiteのサービスの一つで、今は無き「ノベルメイド」という、ノベルゲームをwebで開発するエンジンが提供されていたのでそれを利用してみた。ダンジョンを探索するタイプの、ゲームブック形式のものが二つ。そして、サウンドノベル形式で、特に分岐の無い、ただ読むだけのものを一つ。

 ノベルメイド自体が2年ほどでサービス停止したことからうかがえるように、ユーザーへの受けはあまりよろしくなかった。また、作りたいものはSRPGであったので、そういう物が無いか探してみたところ、タクティクスチャレンジに出会う。

 タクティクスオウガと同じく疑似3Dの俯瞰MAPからキャラクターを操作するもので、好みには合っていたため2本製品として作製し、オマケの1本を開発し、合計3本作製させてもらった。ただ、V2になってMAPが非常に作成しづらくなったためと、キャラチップの開発が難しいという壁に当たってしまったため、他のツールを試してみようという結論にいたった。

 最後に行き着いたのがツクールだった。

 昔からあった定番と言うのもあり、とりあえず触ってみようという程度だった。本体価格の1万円程度であれば、ゲームを一本も作れば余裕でペイできると言うのもあった。以後、今の所これがメインの開発ツールとしてお世話になっている。

 ツクールの強みは、プログラムを書き換えることが出来る所で、オーソドックスなRPGから、SLG、陣取りSRPG、アドベンチャー、ノベルゲーム、ARPGなどなど、恐らく3D描画を行わない物であれば何でも作れてしまう。多少のプログラミングに関する知識があれば自分で素材を作ることも可能だし、プログラムを学ぶのにも丁度良かった。実際、オブジェクト指向についてはかなり学習を進められたと思う。

 プログラミングの知識がなくとも、例えば脱出ゲームや、敵をよけるタイプのアクションゲーム、パズルゲームであればデフォルトのままで作成が可能だし、もちろんRPGはお手の物。背景画像とキャラクターの立ち絵が用意出来れば紙芝居のADVもプログラミングの知識なしに作成が可能なので、つぶしの利くツールだと思う。なので、今後いろんなジャンルも作りたいと考えるのであれば、ツクールを一つ手元に置いておくのはとても良い選択肢だと思う。

AD

RPGツクールにせよ、ウディタにせよ、ネックになってくるのはグラフィック面。特にキャラクターの見た目やイベントの作成には、付属しているキャラ作成のエディターだけではやはり限度がある。

 ツクールに慣れた人や、ツクール作者にとっては、最初から付属しているキャラクターの顔グラフィックなどにはやはり、一定の傾向があって、それを外れると違和感を覚えたり、このゲームのこの顔はこういう性格と、受け入れるための時間が必要になってくるため、主要な人物になればなるほど、キャラクターはオリジナルで作成したグラフィックの方が望ましくなってくる。となると、やはりある程度絵が描けたほうが作品の評価にはつながる。

 では絵が描けない人間はどうするか、となる。誰かに依頼するのも一つの手だが、要は画像が用意出来ればいいのだから、別に描けなくとも、構図やポーズ、表情、衣服等が自由に操作できれば何の問題もないわけだ。そこでお勧めしたいのが3Dカスタム少女。基本的には女の子のキャラクターしか作れないが、それでもギャルゲーは作れるし、元がエロゲーであるので、もちろんエロゲーも作ろうと思えば作れる。

 有志による追加データが大量にあり、今後も増え続けるため、フリーゲームを作るのであればカスタム少女さえあればなんとかなる。ただし、同人作品として販売する場合、カスタム少女自体は商用で使っても良いのだが、追加データの作者によっては商用を禁止している場合がある。この点は手前味噌になるが、うちのカス子データを使ってみて欲しい。これまで200点近く作成、販売している。衣装はもちろん、立ちグラフィック用のポーズデータや、特定の行為のポーズデータ、スポーツのデータなどもそろえており、プロのエロ漫画家にも参考にしてもらっているので、一定以上のクウォリティにはなっているはずだ。

 自分の作成しているサイトで、ゲームのキャラクターに実際に使用している画像が見られるので、そちらに飛んで確認してみてもらいたい。あと実際に作られたゲームがフリーゲームとして公開されているので実際に触ってみてもらって、いかに実用的かを実感してもらえると嬉しい。


  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]