忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/03/25 (Fri)
キャラデザサンプル005:アニマルホーダー
分類
 中ボス

処方
 生き物を収集する癖を持った人物。非常に重大な精神的疾患を抱えており、何か大切なものを失った喪失感を埋めようとして生き物に走った。よって、長期的にケアし、新しい大切なものを共に見つけるか、あるいは自身がその大切なものになるか、もしくはなるべく初期の段階で距離を置くこと。

概要
 ペットを飼育する人には二種類ある。対象の命を大事にする人と、大事にしない人だ。大事にする人は自分の命、余裕があって初めて成り立つものであるという事をよく理解しているため、複数の生き物を飼育したとしても、経済的な余裕を損なうほど切羽詰まった頭数を飼う事は少ない。

 生き物という物は成長し、特に多頭飼いを行うと交配により数が増える事もある。当然、数が増えれば飼料費がかかってくるためその分家計を圧迫する。ただし、交配がきっちりと行えるような飼育環境を整えられる人は、ここで里親に出したり、ペットショップに個人で相談しに行ったり、業者登録を行い即売会等で販売するなど、支出の調整を行うことが出来る。

 アニマルホーダーの場合、そもそも飼育環境を整えられない場合が多いので、交配により子供が増える事は少ない。それどころか、生まれて間もなく世話が行き届かずに死亡してしまうケースも少なくない。ではどこで数を増やしてくるかと言うと、拾ったり、購入したり、里親に手を挙げたりと、とにかくある程度の大きさの物をどこからか持ってくる。

 前述のとおり、当人の飼育能力の限界を超えて保持しようとするために、そこで飼われている生き物の健康状態は非常に悪い。また、動物の世話がきちんとできないという事は、そこかしこに排泄物がある、という事になり、雑菌や害虫による汚染が室内には発生している。もちろん、糞尿以外にも、餌の食べ残しや、動物の死体等による汚染も、である。

 飼育対象の命を大事にする人は、自身の経済状況を把握できている人でもある。つまり、自身の飼育能力を把握できない、アニマルホーダーは飼育対象の命を特に大切にはしていない。動物がいる、と言う点で自身の喪失感を埋めようとしているに過ぎない。

 自分自身の喪失感を埋るため、動物を集めるのだが、引き取る際、外面が良ければよいほど引き取りやすいという事をよく理解している。よって、善意のボランティアであったり、善意の動物に対する救助活動であったり、動物保護と言う名目であったりと、耳障りの言い隠れ蓑をかぶることが多い。また、本人も本気でそう思っているため、これらは嘘ではない。当然のことであるが、身なりもそれなりに良いものを選ぶ。

 嘘ではないために見抜くことが非常に難しく、飼育環境を直接見ない限りは相手がそうであるとは解らない場合が多い。経済感覚に乏しいため、例えば、飼育している生き物の相場だとか、いくらで販売しただとか、そういった会話をすれば見抜けるかもしれないが、通常、飼育者同士でそのような会話をすることは稀である。

 彼らから飼育している動物を奪う事は非常に困難を極める。というのも、喪失感を埋めるために行っているので、収集した生き物は、彼らにとっては彼ら自身に等しい。自身の肉体を引きちぎられるに等しい精神的苦痛を味わう為に、非常に大きな抵抗を示す。

 重大な精神的疾患を抱えているため、精神科医のケアが必須と言える。もし遭遇したら距離をなるべくとる事。素人がおせっかいで関わってよい相手ではない。ただし、糞尿などによる環境汚染は次第に近隣の住居に広がっていくものであるので放置もよろしくは無い。疑いが人と接触したら、市役所等へ相談に向かう事。その際、決して犯人扱いしない事。

 なお、余談であるがペットッショプは裏社会の入り口が比較的近くにある業界でもある。ワシントン条約に引っかかる生き物を密輸して、国内繁殖と称して販売したり、プレゼントで客に買ってもらった犬を、見送ったのち店に売るキャバ嬢など、意外と大きな口を開けて人間の心と社会の闇が佇んていたりするので、ペットショップを経営する際には、そういった人たちから声をかけられても関わらないよう注意が必要でもある。

 キャラクターとしては非常に大きなインパクトがあるため、中盤などで主人公らが解決するべき問題として取り組ませるといいだろう。動物を他の物に置き換えて、病的な収集癖があるとしてやれば、だいたいどんな世界観にも溶け込ませることが出来る。

 置き換える際、以下の点を押さえておくこと。

  • 収集癖がある
  • 収集物を失う事を極端に恐れる
  • 家や部屋はゴミ屋敷に近い
  • 外に出る際の身なりには非常に気を遣う
  • 理知的ではなくすぐに感情的になる
 以上の面を見せてやれば、プレイヤーにも何らかの解決しなければならない対象であると伝わるはずだ。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]