忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/28 (Mon)
キャラデザサンプル006:他人への批判が全て自己紹介
分類
 小物

処方
 血の気が多く突然絡んでくることが有る。論理よりも感情を優先するが、本人は論理的だと考えており、会話の成立は期待できない。優越感に浸りたいだけの人種なのだが、絡んできた際にはすべてを否定的にとらえるためにおだてても逆効果となる。なるべく無視したほうが良い。

概要
 非常にバイタリティのある人物で、歯車さえうまくかみ合えば成果を残せる人物ではある。ただし、自身から噛み合わせようとはせず、また噛みあっているかどうかの確認も行わないため、ほとんどの場合上手くはいかない。

 自分自身に対して極めて保守的で、それ故に左翼的思想に傾倒しやすい。弱者を守れと言ったり、伝統を守れと言ったりはするが、自分自身を守れという主張の隠れ蓑に過ぎず、また、それをいう事で自分は弱くないという虚勢を張っている。もちろん自分から弱者層に対して支援をすることは一切ない。

 行動力があるため何かしらの組織を引っ張る事は有るが、言動がデタラメなため人が定着せず、辞めていった人を大いに非難する。そういう組織運営をしておきながら、「人がすぐやめる会社は社内の環境づくりに問題がある」と言う意見に賛同し、続けられない環境を作れないトップが悪いといった趣旨の発言を行う。

 自分自身の実力をやたらと誇張して語り、何を問われてもプロ級の腕前と豪語するが、発表された作品は一つもない。にもかかわらず、「実際にやらせてみると何もできない」と言う非難を行い、さらには、発表されたものに対してはケチをつける。

 とまぁ他人に対する非難、批判のそのことごとくが自己紹介になる。

 物語においては序盤、中盤、終盤と、イヤミなNPCとしてスキのない活躍が期待できる。あまりにも自己愛が酷いため、このタイプを一人配置するだけで、普通の性格が天使のように見えるはずだ。

 最終的に解決するような問題を持たせる必要は無く、何か問題を起こしたとしても個人的な問題であり、切り捨てる流れにしてしまうのが良いだろう。ただしコントラストの負の要員としては貴重であり、切り捨ててしまうのはもったいないので、そもそも問題を抱えさせず、嫌みをずーっと言い続けるポジションに配置したほうがいいだろう。

 本人が解決するべきトラブルに遭遇することもあるが、主人公らはそれを眺めるか、なんでその程度の事でそこまで怒るのだろうと言った感想を持たせてやると良い。例えば自転車が盗まれ、購入するとお金がすべてなくなると言い、それに対して安いのを買えばいいのにといった感想を抱くなどでも十分主人公に対する共感が得られるかと思う。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]