忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/22 (Tue)
キャラデザサンプル003:経験のないアドバイザー
分類
 小物

処方
 経験がない事に対して延々と持論を語り続ける。聞いている時間が無駄になるが、同じように経験が無い人間の集まりの中心になりやすいため無下にすると後々面倒になる。適当に相槌を打ちやり過ごすこと。

概要
 特に芸術の分野で良く表れる。絵を描いたことが無いのに絵のアドバイスをしたり、彫刻を掘ったことが無いのに彫刻のアドバイスをしたり、写真を撮影したことが無いのに写真のアドバイスをしたり、と言った具合に、とにかくアドバイスをして優越感に浸りたい類の人物。

 やったことが無いと書いたが、人に見せていないだけで趣味以下でかじったことが有る人が多い。大抵の場合、鑑賞側に回るが、これも鑑賞してこの芸術が解る自分が凄いと自分に浸っているだけで、作品の良し悪しは関係ない。他人の評価が高いものが良い作品で、他人の評価が低いものは悪い作品ととらえる。

 アドバイスを行おうとする対象を常に求めており、往々にして駆け出しの新人作家等に話しかけ持論を展開する。割と長年そういう事を続けているので、業界ではそこそこ有名。創作活動を長年続けそれなりに名前の売れた人は基本的に腰が低いため、こういった人にもきちんと挨拶をするので、駆け出しはこのアドバイザーに対して力のある人と誤解し、アドバイザー本人はコネがあると勘違いし優越感に浸る。

 ボランティアの無給スタッフとして参加することも少なからずあるが、スタッフとして参加することが目的であり、催し物の成功が目的ではないためほとんどの場合が足手まといとなる。ただし、本人からしてみればタダで使われてやっているという認識が強い。また、お金は成果に対する報酬ではなく拘束時間に対する対価と考えるため、たとえ報酬を用意したとしても本人は成長しない。ここを見抜けず重用すると、水面下でのトラブルが広がっていき大きな問題となって表面上に現れることが有る。深入りさせてはいけない。

 つまり、創作物には登場させ深入りさせた方が、面白い展開になる、という事である。 ちなみにこじらせると詐欺デューサーにクラスチェンジする。

 登場させる際には、最初からイヤミな人物としては登場させない方がいい。腰の低い、人当たりのいい、気のいい、そんな感じの好感触を持たせておき、徐々に徐々に口出しをするようにしていくと良いだろう。他のNPCで大物と挨拶をするシーンなどを入れてもいいと思う。ただし、挨拶をされた大物から彼を語るシーンは避けること。

 仲が良くなるにつれて余計なアドバイスで色々な作品にケチをつけたり、大物の作品で主人公の評価が内心では低いものを絶賛したりと、この人解ってないんじゃないかと言う面を徐々に見せていくこと。最終的には人間関係をこじらせる元にしてやれば、お囃子以上の存在感を出してくれると思う。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]