忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/01/25 (Mon)
千年戦争、アイギスに仕組まれた損
艦これクローンゲームが苦戦する中、艦これとは異なるシステムを引き下げたゲームで成功した数少ない例がアイギスだ。時間の損は2種類の体力だけで、回復も遅い代わりにゲームがしっかりと遊べる仕様で艦これを抜いたり抜かされたりと言う展開を繰り広げている。

 アイギスが新たに用意した損は2つ。一つはタワーディフェンス。もう一つはキャラクター編成だ。

 タワーディフェンスは敵の移動距離そのものが損になるようデザインされたゲームだ。味方拠点に近づけば近づくほど損を感じ、数回ゴールされてしまう事でミッション失敗となる。この距離をいかに損せず敵を処理するか、致命的な損である敵のゴールをどうやって回避するか、に楽しみを見出すゲームで、ジャンルとして確立している。

 さらに、アイギスは時間で回復するコストを用意し、いかに素早くユニットを配置していくかと、どう配置していくかの二種類が重要になっている。ここで重要なのは、高いレアリティで強力なユニットほどコストが高く、配置まで時間がかかってしまうという点だ。一人異常に強いキャラクターを作ったところで出撃できなければ意味は無く、そもそもタワーディフェンスそのものは数をどう対処するかが重要なジャンルであるため、一人で処理しきれるようなものでも無い。

 高レアの強力なユニットは先述の通り、コストが高く、数をそろえようにも数を出せない仕組みになっている。そのため、すべてのレアリティがうまく役割を持ち、高いレアリティは必ずしも得ではなく、場合によっては損となりうる。

 また、各ステージ毎に適切な編成と言うものが存在し、低いレアリティでも編成でさえ適切であればクリアできるよう調節されている。逆に言うと、いかに強力なユニットをそろえたところで編成が適切でなければクリアできない。

 こういった形で損と得をうまく組み合わせ、単調な作業にはならない、いかにして損を回避するかといった工夫がユーザーでやりやすいようゲームデザインされている。ソシャゲー+タワーディフェンス+編成を上手く組み合わせた成功例と言っていいと思う。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]