忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/01/23 (Sat)
俺タワーと艦隊これくしょんの違い
艦隊これくしょんがキャラロストという損を用意してから多くのブラウザゲームは、その要素を取り入れようとした。結果として艦隊これくしょんに付加価値を付けた形でのゲームデザインの物が、特にDMMでは急増したが、ランキングに大きな差が出来たものも少なくない。

 中でも俺タワーは殆ど艦これと同じシステムだが、広い差がついてしまった。どこに問題があったのか?

 俺タワーと艦これの大きな違いは、ホーム画面でタワーを作るかどうか。これは付加価値なのだが、タワーを作る事に対する損、作らないことに対する損が存在しない。人は損に動かされる

 例えばタワーをどう作るか、どう組むかで操作のめんどくささが減るなどと言った損とその回避は用意されている。が、タワーを組む事自体は何の損の回避にもならない。生産施設としての役割は確かにあるが、艦これと比較すると、その手間が損と感じる人も出てくる。人は損を回避するものであるから、その手間を損と感じる人は艦これへと流れる。

 タワーを作らないことでどんな損があるのか。これがプレイヤーにはうまく伝わらず、結果、付加価値が負荷価値になってしまった。ゲームデザインの恐ろしいところはここにある。

 新しく追加した機能にせよストーリーにせよ、そのすべてが評価の対象となる。鉛筆の後ろに消しゴムを付けた、ボールペンの後ろにハンコをつけたなどと言った何かを付け足す方法は、付け足されたものもしっかりとデザインされたゲームでなければならない。俺タワーの場合は顕著に表れているが、それが操作する対象であればあるほど、ゲームとして成立していなければならない。タワー建築に損を用意しなかったから、そこに面白さを見いだせず、艦これとの差がついてしまった。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]