忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/02/26 (Fri)
left 4 dead のゲームデザイン

損のデザイン

限定された期間
 なし
リソースの管理
 あり
明示された選択肢
 あり

分析と感想

 FPSの良作。特に開発者のコメントが見られるので、ゲームデザイナーを志す人は一度触れてみて欲しい。シンプルにするほど面白くなる、といった名言が随所に散らばっているし、開発の際に苦労した点や工夫など、生の意見に触れることが出来る。

 ゲームモードにもよるが制限時間は特に設定されていない。ただし、一時的に、特定の感染者にマウントを取られたときなど、制限時間内に助けなければ体力が一気に削られる等、ところどころに現れることが有る。

 各武器に設定された弾薬はリソースとして機能している。ハンドガンは所持弾薬こそ無限にあるが、装填数には限りがあるため、いつリロードするのかは管理として強く機能している。

 所持弾数に限りのあるメインウェポンは3種類の分類に分かれ、うち2種類に上位互換の武器が存在する。このメインウェポンに何を選ぶかは、攻略の上で重要なカギとなり、またプレイヤーの個性が発揮される場所でもある。一撃の強い近距離のショットガンを選ぶか、弾をばらまけるマシンガンを選ぶか、それとも大概は一撃で倒せるが連射の利かないハンティングライフルを選ぶか。操作キャラに性能差は無いが、用いる武器によって立ち回りが変わってくるので、どの武器を選ぶかは重要な選択肢と言える。

 色々と学ぶべき点の多いゲームなのだが、特にバランスのとり方についてはこのゲームを教材としても良いと思う。AIにより登場する敵の数、種類を決定しており、難易度をプレイヤーに合わせて調整してくるのだが、その調整の仕方が秀逸と感じる。

 敵のキャラクターの種類はそれほど多くなく、通常感染者、ブーマー、ハンター、スモーカー、タンク、ウィッチの合計6種類しかいない。さらに、ウィッチの登場回数は少なく、タンク、ウィッチに関しては専用の音楽が流れるため無理に記憶せずとも曲と関連付けて覚えることが出来る。

 通常戦闘で紛れ込んでくる特殊感染者は、敵を集めるブーマー、飛び掛かってくるハンター、そして拘束してくるスモーカーの3種だが、3種類に絞っているからこそ、ラッシュ中などにおいても認識がぎりぎり追いつく範囲にまとまっている。

 なによりも、特殊感染者を出すために大量の通常感染者との戦闘がある事。これが素晴らしい。

 人間、慣れる生き物なので、マップの構造やルートを把握していても通常の敵との戦闘が長く続くと、ついブーマーやハンターの事を忘れてしまう。そして、慣れてきたであろう所で彼らを突然配置し、罠にかけて来る。

 ゲームを通して、プレイヤーも含め、彼らの強さは基本的に変わることは無い。にもかかわらず難易度を上手く調整出来ているのは、この慣れてきたところにスパイスを用意する、AIの働きによるところが大きい。

 ラッシュを用意したり、特殊感染者を用意したり。こんなところでタンクかよ等、ただただ感染者との戦闘に終始するのではなく、突然起こるハプニングを上手く難易度に利用している。これは空気作りの一環でもあると思うが、全体を通して非常に洗練されたコンセプトワークが成されているので、どのジャンルを作るにしても、一度は触れてもらいたい名作と、個人的には考えている。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]