忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/01 (Tue)
3×3EYES 聖魔降臨伝 のゲームデザイン

損のデザイン

限定された期間
 なし
リソースの管理
 あり
明示された選択肢
 なし

分析と感想

 漫画、3x3EYESのSFC版RPG。ぶっちゃけるとクソゲー。ただ、全体としてのバランスは言う程悪くなかったと思う。

 限定された期間は特になく、シナリオも一本道なので明示された選択肢は無い。リソース管理に個性をつけようとしていたが、原作の八雲が不死身であるため、ここもバランスを崩しやすい。という事で、キャラクターのリソースを管理させるのではなく、キャラクターをリソースとして管理させる方向にデザインが行われた。

 キャラクターをリソースとして管理とはどういうことかと言うと、簡単に言えば誰かが死ぬとゲームオーバー。よって、八雲が不死身だからと言って調子に乗っていると、思わぬ人が死んでしまってやり直すことになる。発想としては悪くないし、プレイヤーの損としても機能するため、八雲以外のレベルアップをしようと上手く誘導できていたと思う。

 が、一点致命的なバグ(?)があった。

 パーティは八雲とパイの二名が固定で、3人目がシナリオ進行に応じて出入りする仕組みになっているのだが、3人目が加入時に取得している経験値が0に設定されているのだ。もちろんレベルはそのシナリオ開始時の適正レベル位を意識してつけられている。つまり、加入直後は、1レベル上げるために適正レベルの累計分を稼がなければならない。

 序盤ならまだしも中盤、終盤、30や40レベルを稼がなければならない苦痛は耐えがたいものがある。しかし、加入レベルでは絶対にボスを倒せないので、レベルを上げなければクリアは出来ない。最悪なのは、ラスボスと戦う最終パーティになるとセーブが出来なくなってしまう点。もちろん最終盤のパーティーなのでレベルは高く、そこまで雑魚戦を繰り返し続けなければならない。

 救いとしては、八雲を瀕死状態にしておくと、パイが覚醒して全体攻撃をぶっ放してくれるところだが、これはこれでただの作業となり苦痛を伴う。

 全体としてそれほど悪くないゲームだったのに、上記のバグがプレイヤーに対してゲーム内で回避できる損としては機能せず、ゲームをすることが損になってしまっていた。そのほかにも色々バグは多いのだが、最低限上記の物さえなければ、少なくともクソゲーの評価は無かったと思う。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]