忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/15 (Tue)
自分専用のメモをネットに用意しよう
パソコンは意外と脆い。しかも困ったことに突然壊れ、下手するとそのデータを復旧させることが出来なくなる。これの対策はバックアップを取ったり、専用の機械を使ってサルベージしたりと言う手段がある。ただし、前者は習慣の無い個人ではつい忘れてしまうものだし、後者はそれ専用の機材など個人で持つ必然性は全くない。

 運悪くバックアップを取っておらず、パソコンが立ち上がらなくなった場合はどうするか。ショップに持って行って修理などをお願いすることになる。

 ある日、うちの母親のパソコンが立ち上がらなくなった。パソコンにはそんなに詳しい人ではないので、当然バックアップなど取っていない。講演や舞台の台本の原稿、チラシのデータなどが入っていたので、データを取り出さないと仕事にはならない。サルベージする機材などという存在を知るはずもない彼女は、某ショップにパソコンを持ち込み、「データーを取り出して、後は処分してくれ」と頼んだ。後日、連絡があった内容はこうだ。

「ハードディスクを取り出して破壊機にかけましたので、もう大丈夫です」

 不幸中の幸いだったのは、原稿に関しては打ち合わせのために他の人にデータを送っていた事と、チラシに関してはデザインをした人の所に元データがあったため、近々の物に関しては大きな支障は出なかったものの、こんなことが有ってと愚痴の電話をこちらによこしてきた。

 もしHDDを破壊機にかけられたのが筆者であれば、損害賠償を起こすレベルの不祥事だ。何せ作りかけの商品データが入っているのだから。

 ショップ店員と言うプロでさえ、「処分」しか耳に入らないようなハズレに遭遇してしまうとこの様である。と言うわけで、目の前にあるHDDに100%の信頼を置いてはいけない。

 より高い信頼度を得るためには、そもそもデータを預かり、管理し、保守するプロを頼るのが一番いい。簡単に言ってしまえば、ブログやホームページのレンタルサービスを行っている業者を利用することだ。

 非公開のブログ等を一つ用意して、そこに原稿や設定などのテキストを思いつくまま記入していけるし、何よりもネットさえ繋がれば、出先で加筆修正が出来ると言う強みがある。

 おすすめはwiki。

 ブログだと、心理的に完結したものを作らなければいけないと思ってしまうが、wikiであれば気軽な更新が可能で、何よりもサイト内リンクを設定しやすいためページ内を巡りやすくなる。用語集を作りやすい設計なので、創作活動の設定や、制作時のメモなどを残すにはうってつけで、ことテキストに関しては検索が出来る都合上、ローカルに残すよりも便利がいい。

 転ばぬ先の杖として、一つ導入してみてはいかがだろうか。もちろんテキスト以外のバックアップはちゃんと取ろう。

PR


PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]