忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/14 (Mon)
批判してくる相手に気を使う必要は無い
3分ゲーにDな食卓を出した際、この人は本当にゲームをやったんだろうかと思うような感想が寄せられた。公表するとここを読み返すたびに気分が悪くなるので控えるが、ブログでもコメント欄に突然意味の解らない批判を書く人がいる。

 わざとそういう、マスコミのような作為的な引用をして批判しているのかと一時期考えていたが、2chその他でこちらを執拗に批判する人物とたまたま直接話す機会があったので対話を続けてきた結果、どうやら本気でそういう部分しか目に入っていないらしい。文章など頭に入っておらず、非難する材料だけを探し、それを槍玉に上げていただけだった。

 当然の事だがそれに同調する人も全文を読まない。それどころか公表されている一次ソースに当たろうともしない。また、それを指摘されたとしても改めようとはしない。非難することが目的であって、自分の正当性などどうでもよく、ただ対象の気分さえ害することが出来ればそれでいい。その程度の事だった。

 だいたい、本当に相手を批判する場合、直接面と向かって、一対一でやるのが礼儀というものだ。相手に恥をかかせることになるんだから。そういう礼を欠いた行動に楽しみを見出す人種の批判に等気を使う必要は一切ない。

 批判をする側は、いろんな意見を受け入れろと無責任な事を言うが、強い主人公がいい、と言うのと弱い主人公がいい、という矛盾する意見を取り入れた結果中途半端な駄作が出来上がった場合、誰が責任を取るのか。評価を落すのは作った本人で、批判をした相手ではない。

 すべての意見を取り入れることは出来ない。どう転んでも、一部の人間しか相手にできない。一部の人間しか相手にできない以上、どこかでそのターゲットから外れる人はでるし、その人が不満を持つのは仕方ない。その不満に対して気を使って、良い顔をしようとするから、意見にもおかしな部分が出て来る。

 もし、自分自身が間違っていると思った場合は素直に頭を下げるべきだ。だが、そうでないのであれば、無視するか、適当な返事を返す事。そういった心の歪んだ人種の相手を無理にする必要は無い。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]