忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

カテゴリー「システムとシナリオ」の記事一覧
結論から言うとシステムの方が大事。

一番触るところはコマンドの選択だったり、キャラクターの移動であったり、魔法の発動であったりと、このシステムでストレスがあると、どれだけ面白いシナリオでも遊んでもらえなくなる。逆に、シナリオがどれだけ面白くなくてもとりあえずのクリアぐらいまでは目指してもらえる。

リベリオンがいい例。シナリオはそこそこなのに、どうしようもないシステムが災いして評価が非常に低い。

逆にシナリオがどれだけ良くても、システムのストレスを我慢しながら進めるのは難しい。アドベンチャーゲームなどでも、システムがある程度しっかりしていれば、シナリオが面白くなくとも、例えばイベント画像の回想をコンプリートする為に周回プレイができたりする。コントロールボタンでのスキップがあったりすれば、周回プレイは苦ではない。

もちろん、評価の対象になるのはシナリオのほうが大きくなる。だから余計にシナリオに力を入れたくなるのだろうが、システムというのは言ってみれば建物の基礎。地下に埋もれていて評価はあまりされないが、この基礎が悪いと、立てた家はいとも簡単にぐらついてしまう。ストーリーともいえる家の内装、壁紙や彫刻にいくらこだわっても、傾いた家には住めない。

PR
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]