忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/31 (Thu)
寝る前に一つでいいから手を付ける習慣を
未完成に終わる原因の大半は、作業量が把握できなかったり、作業が進んでいなかったりするからで、この2点をなんとか出来れば完成にはぐっと近づくことが出来る。

 作業量の把握はリストアップをすれば、大体の全体図はおぼろげながら見えて来る。しかし、作業を進めるかどうかは習慣に依存する点が非常に大きいので、まずは手を付ける習慣をつけるしかない。

 自分自身の体感の話ではあるが、どうやら人間と言う生き物は思っているほど賢い生き物ではないらしい。例えば買い物に行った際、目的の物を購入して、帰ってくる。この時に何か忘れていて、家に帰ってから気が付く、という体験があると思う。なぜいくつか忘れるかと言うと、買い物をするときに、連想して思い出すのに失敗しているからで、段取りが上手くいくときは、この連想が上手くいっているだけでしかない。段取りや手順を作り、プログラム的に行動している訳ではない。

 その瞬間、その瞬間で、外部や身体からの刺激で、色々な連想をして、その時に一番強い欲求を実行し続けているだけで、やっぱり行動に関しては動物の域を出ない。

 人間が賢いのは、刺激を外に残すようにしたことで、メモを見ると残された刺激から全部を思い出すことが出来る。そして刺激を受けると欲求が芽生えて、それを実行しようとする。特に文章を作成している最中などは、刺激を外部を残して、同時に目から刺激を受けるので、相乗的な効果が生まれるようになる。

 作文の宿題などをやっていた時に、書き出すまでは面倒だけど、書き始めたらやたらとスムーズに進んだ経験があると思うが、これはそういう脳みそのメカニズムによるところで、結局はやる気という物も、上手く刺激から欲求が刺激されていない、というだけでしかない。

 だったら、やる気を出すために、外部にある刺激を見るなり何なりしてしまえばいい。

 少しでも手を付ける習慣が無い場合は、リストを見直すだけでもいい。リストを見るだけで刺激を受け、これをやっておこうかなとか、そんな気持ちになる。あるいは、やらなくちゃいけない仕事を仕切っている人の写真をパソコンの前に用意しておくと、その写真からの連想ゲームでやらなくちゃいけないと言う危機感が生まれて手を付けるようになる。

 今でもあると思うが、会社の朝礼の際、神棚に手を合わせる所は、意図はしていないと思うが、体感として、やる気を引き出すためのスイッチとして使っている。

 日をまたいだとしても、作業が少しでも前に進んでいれば、次を作りたいと言う欲求が内部から生まれて来る。一行でいいし、一文字でもいい。誤字の修正をやるだけでも構わない。とにかく習慣をつける事。そうすれば、無理に意識しなくとも完成へと近づけることが出来るはずだ。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]