忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/02/07 (Sun)
完成させた経験があるが、行き詰まった時
今まで何本か完成させたことが有る。何本もダウンロードされた実績がある。今回もいつものように作り始めたが、セリフが出ない。案が出ない。リストにしようとしたが一文字も書けない。本当に何をどう作っていいのかさっぱりわからなくなった。

 特に締め切りが迫ってきている人や、バリバリと仕事を続けた人、連続で徹夜をした人などが遭遇する現象だ。

 普通、やる気がなくとも、一文字でいいから手を付ける。一行でいいから手を付ける。すると不思議な事に惰性が生まれるのか、ペースは遅くとも何かしら作業は進むものだ。ところが、稀に一切動かなくなることが有る。書いては消し、書いては消し……であればまだましだ。消すものすら出てこないのだ。

 ズバリ言おう。

 疲労だ。

 こうなったら手段は一つ。遊びに行く事。家を一日開けて、ハイキングなりなんなりに出る。運動を伴う遊びに外へ出る事。ショッピングでもいい。

 もしかしたら今は締め切り一週間前かもしれない。だが、だからこそ、一日遊ぼう。そうしないと、一週間ずっっっとそのままだ。リフレッシュすれば、翌日には何となく手が動くようになっているはずだ。

 疲労は毎日蓄積するもので、毎日回復するものでもある。結局のところ体力がどの程度あるかに左右されるので、こういった思考が停止してしまう状況になる前に、習慣として体を少しでも動かすようにしたほうが良い。

 一日30分でいいから散歩に出る。この散歩も、例えば食事の買い出しでも構わない。自炊をすれば台所に立つし、食器を洗うでもいい。もちろん部屋の掃除でもいい。座りっぱなしの状況で硬くなった体を、息切れしない、軽い運動でほぐす習慣を身に着けておこう。

 人間、座りっぱなしで集中力を発揮するようには出来ていない。なんだかんだ言って我々は動物なので、運動をするときほど頭が活性化するようにできている。結局、デスクワークは運動していた時の惰性に過ぎないのだ。

 行き詰まったら、とにかく休む。外に出る。できれば人と喋る。そして、なるべくそういった状況に陥らないよう、散歩で構わないから軽い運動の習慣をつけよう。止まってしまう状況を作らないのがまずは第一なのだ。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]