忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/04/06 (Wed)
処女作は学ぶ前に作ろう
ゲームを作るための勉強はなんですか、と言う質問は割と良く見かける。当然技術としてはプログラミングを学ばなければならないが、別にプログラミングを学ばなくともゲームは作れる。ツクールであれば、手間はかかるがスイッチの管理だけでも十分ゲームを作ることは出来るし、それこそブログで昔のゲームブック形式のゲームを作る事も出来る。

 で、だいたいこういう質問をする人はゲームを完成させられないし、そもそも手を付けない。どんなものを作るか、と言う具体的なイメージが一切なく、「ゲーム」という漠然とした憧れがあるだけだからだ。

 逆に、適当に気に入ったツールを手にして、そのツールで出来る事を探り、実験を繰り返す人は何かしらの完成までたどり着けることが多い。

 両者の違いは何かといえば、単純に手を付けているか否かでしかない。しかし、この差はとても大きい。手を付けなければわからないことは山のようにある。自分が今何を解っていて何を解っていないかは自分自身では意外と解らない。それを明確にするには、失敗なり成功なりを体験するしかない。

 失敗して初めて、今、何を学ぶべきかが見えて来る。そして、今、特に学ばなくてもいいものも明確になる。自分自身の向き不向きは自分にしか解らないが、それを知るためには経験が必要となる。

 車の免許を持っている人は解ると思うが、免許を取る前と取った後では助手席に乗った際に見る場所が異なるはずだ。取る前はただ景色を見、車を見たとしても漠然と見ていたと思うが、免許を取ると、目の前の車とその先、どんな風に動くかをある程度予想するようになるし、曲がる際、ドライバーと一緒に安全確認をしてしまうようになる。

 同じように、一冊の本を読んだ際、ゲームを一本作る前と作った後では書いている内容に差がでてくる。もちろん出版物なので書かれている内容そのものに変化はない。受け取る内容に、見落としや、こういう事を言っていたのかと言う再発見が必ずある。

 同じ事件を見て人によって受け取り方が違う。昨日の自分と今日の自分は別人と思っていい。ましてや一年後ともなれば他人も同然。その間にどんな経験をしたかで、同じものを見ても印象が変わるものなのだから、学ぶより先にまず経験を積む事。

 渾身の一作を発表したいのなら、渾身の一作が出来るまで完成させた作品をボツにすればいい。発表しなければ何の問題も無いのだ。そして、完成させなければボツも作れないし、ボツが無ければ自分の足りない部分も理解できない。

 悩む前に手を付けること。まずやること。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]