忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/12 (Sat)
ゲーム制作の初心者は理屈を捨てろ。そして自分の駄作を愛せ
ゲームを作る前、こうでなきゃいけない、ああでなきゃいけないと理想のゲーム像のような物は誰しでもあると思う。ただ、それを追いかけると、自分の持っている技術のギャップでいつまでも完成しなくなってしまう。妥協しないのは甘えだ

 下手に前作の評価が良かったりするとなおさらだ。それを超えなきゃいけないと言う心理的なプレッシャーから手が遠くなる。そして評価を高めようと思って色々な勉強を始める。起承転結だったり、登場人物の作り方だったり。それ自体はいいのだが、もっと先にやらなければならないことが有る。

 ゲームを作る事だ。

 バットを振らずしてバッティングのフォームを研究しているのと同じで、振らない限りバッティングのフォームは良くならない。そして、こと創作活動に関しては料理のようなレシピが存在しない。キャベツ、油、フライパン、コンロ、調味料、そういった素材に相当するものはいくらかある。作成ツールだったり、BGMだったり、ゲームバランスだったり。しかし、どのくらいの量で、どのくらい炒めるか、などの料理方法に相当するもの、作品のレシピはまだ開発されていない。

 文章一つにしてもそうだ。3点リーダーの使い方など、小説が育んだ一定の日本語のルールのようなものはある。文法もある。が、前フリを2回やってから3段落目でこのオチだとかの、言ってみれば塩小さじ一杯に相当する、具体的な量などは誰一人として名言していない。

 レシピの無い状態で美味しい料理を作るにはどうしたらいいか。味見を繰り返す事と、いくつも作る事。そして試食してもらって感想をもらう事。もうこれしかない。

 だいたい、世の中にあふれているゲーム作成のノウハウというものは、作品を量産するにあたって行き詰まった時に役に立つものでしかない。2本や3本、普通に生きていれば引き出しは有る。ましてや、もし最初の1本が完成していない状態なのであれば、量産のためのノウハウよりもどうやって完成させるかのやる気の方が何倍も大切なのだ。

 今作っているものが駄作になるのが恰好悪いと思うかもしれない。でも天才でもない限り1本目から名作など有りえない。もしかしたら自分は天才だとどこかで思っているから、駄作が許せないのかもしれない。大丈夫。違うから。天才は自分の作品を駄作になるとは思わない。

 自分自身が凡人である以上、名作を産み出すためにはいくつもの駄作を生み続けなくちゃいけない。そして一本完成させるとその時の経験が、ノウハウ本の読み方に生かされるようになる。作る前に読破した本を完成させた後に読み返すと、見落としていたものをボロボロ発見することになると思う。が、それは完成させないと発見できない物で、同様に、2本目を完成させないとくみ取れない文章がある。

 よって、もし今読み進めている本があるなら一旦それを閉じよう。そして目の前にある駄作を駄作として完成させよう。発表しなければ自分の評価は傷つかない。だから駄作を作る事自体を怖がらないようにしよう。そして、駄作が一本出来上がったら、もう一度頭からその本を読み返そう。同じ本なのに、きっと別の本のように感じるはずだ。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]