忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/03/19 (Sat)
キャラデザ:人を脅すタイプの人間のサンプル1
人生、生きていると何かしら色々なハプニングに遭遇する事がある。この時に体験した話は、後々笑い話になったりするが、同時に物語の中でも一番大事な、損を与えるキャラクターの元となりうる。

 例えば、昔こういう事件があった。とあるバンドに誘われ加入すると、突然プロデューサーを名乗る人物を紹介された。そういうバンドなのかと考え、それなら失礼になるからとこちらはそれまで組んでいたバンドを一旦止めて取り組んでいたのだが、ある日の深夜に呼び出しを受ける。曰く……。

「皆忙しいところ集まってもらって悪いな。こいつが金払いよれへんねん。言うたってくれや」

 当然寝耳に水の話である。
「金? どういうことですのん?」
「実はこんな契約交わしとってな」

 と見せられた一枚の紙きれ。そこには要約すると、「プロデュースしたるから金よこせ」と。端的に言うとプロデュース詐欺と言うやつである。

 この後、契約を結んだ本人はなんやかやと裁判で争い、一応勝利するのだが、その過程でなぜか支払いがこちらに来ると言う謎の事態が発生する。今思うと一銭たりとも支払う義務はないのだが、当時、まだ契約に関して無知だったのと、バックにヤクザがいる等と言う脅し(まぁ、実際ヤーさんだったのだが)もあり、渋々支払っていたことが有る。

 渋々とはいえ、巻き込まれた形なので最初に契約した人間の期間だけそのバンドが続くと思っていたら、その後も平然とライブ(しかも採算の合わないもの)を入れるなど、たかる気満々だったので、恩師やライブハウス、先輩などに相談し、バンドメンバーと口裏を合わせ、なんとか逃げる準備を整えるに至る。そして解散する旨を伝えた際、さらに80万よこせと意味の解らない事を言って来たので、一応用意するだけ用意した。しかし、このお金はお前には絶対渡さんと深夜のファミレスでバトルをし、勝利してやっとこバンド解散と、そういう出来事があった。

 この後、採算の合わないライブはすべて個人で引き受け、ライブハウスとの交渉や事情説明をへて、なんとかトントンぐらいまでは持ち直すことができた。なお、本当にヤクザを連れて楽屋に乗り込んでくるなど、常軌を逸した行動をしてきたが、世の中、こういう脅しをする人間には冷たいもんである。ライブハウス側がヤクザは追い返してくれたし、連れてきた本人とも話し合いで決着をつけた。また、これがきっかけで彼は数店舗のライブハウスから出入りを禁止され、以後関わりは一切ない。

 軽く分析を行うと以下のような特徴がみられる。

権力や立場、肩書に執着する。
自分自身を大きく見せたがる。
実力は大して無い。

権力や立場、肩書に執着する。
 これらを交渉に持ち込むことも多い。最初にプロデューサーを名乗ったのもこの肩書によるハッタリ効果を狙った物で、それ以外にもヤクザを実際に連れて来たり、ペラ一枚の契約書に割り印など手の込んだ儀式を行ったり、空気作りによる交渉、特に脅す方面への封鎖と言うものに非常に長けていた。
 また、半端に恩を売るために、気まぐれに巻き上げたお金を返したりもしていた。今だと、加藤沙里が狩野英孝に対して行っていた脅し行為がほぼほぼ合致している。

自分自身を大きく見せたがる。
 とにかく派手好きで、ハッタリを効かせようとする傾向が強かった。わざわざ黒塗りのベンツにスモークを入れたり。また、過去付き合いのあったバンド名などを挙げて偉そうにしていたが、残念ながら筆者の方が顔が広く、逃げるにあたって外堀を埋める際にそのバンドのメンバーとも直接確認したところ、嘘である事が判明している。

実力は大して無い。
 マイクの音量調整ができるなどと豪語してイコライザーを毎回いじっていたが、正直いじらない方がハウリングを起こさないのでかえって邪魔だったという事がある。また、紹介される人脈のそのことごとくが筆者の知り合いと言う体たらく。やらせてみると大したことは出来ないのがこの手の人間の特徴だ。

 一番面白かったのは、バンドロゴを送ってきたときの事。フォトショップでデータを送ったからという事でファイルを確認すると、拡張子がPDFになっていた。アクロバットリーダーの拡張子であって、フォトショの拡張子ではない。なんでPDFなんですかと電話で聞いたところ、「お前なんも知らんな。ええかよう聞けよ」からはじまり……。

「(P)フォトショップ」
「(D)データー」
「(F)ファイルやないか」

 と真面目な声でのお返事。きっと電話の向こうでドヤ顔だったのだろうが、言われた側は笑いをこらえるので必死である。表情の伝わらない電話で良かったとつくづく思うが、この手合いは間違いを指摘すると変にキレるので、「へー知りませんでした」と回答をして電話を切った。

 一度知った事に対する思い込みが強いのもこの手の人間の特徴で、それが間違っているか、正しいかは些細な問題でしかない。先に納得したほうを優先する傾向が非常に強い。

 こういった事例は体験しないに越したことはない。しかし、折角架空の世界を創作し、体験してもらうのがゲームなわけだから、そこに悪人がいた方が物語が盛り上がるのは間違いない。一つのサンプルとして、参考になれば幸いである。


PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]