忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/01/09 (Sat)
シナリオが先かシステムが先か
ゲームを作っているとき、シナリオを先に作るのと、システムを先に作るのとでどちらが良いかで悩む事がある。

大抵の場合はシステムから作った方がいい結果につながる。シナリオから作る場合、完成しているシナリオであった方が望ましい。一番やってはいけないのが、シナリオを考えながらシステムも作るやり方。これはかなりの高確率で完成しない。

完成したシナリオから作る場合のメリットは、面白いポイントをピンポイントで抜き出すことが出来る事。デメリットとして完成していたはずのシナリオが、加筆したい衝動にかられて完成していないシナリオになる事。完成していないシナリオになった瞬間、シナリオの肥大化などによりシナリオが完成しない危険性が跳ね上がってしまう。

システムから作った場合の方が完成しやすいのは、システムの表現の限界ができるため、シナリオが完成しやすくなり、ゲームとして成立しやすくなるからだ。それこそ、シナリオは一切なくてもゲームとして成り立つ場合の方が多い。また、同じシステムでもシナリオを乗せ換えるだけでゲームとして成立するため、つぶしが効くというのもある。RPGツクールなどはいい例だ。


しかし、RPGツクールを使ったとしても完成しない事がある。この場合、原因の多くはシナリオを完結させていないからだ。システムを作ってからと同様に、短編を作り、その間を増やし、さらにその間を増やす、と言うやり方をとれば完成しない病気からは逸脱できる。

よって、RPGツクールで初めて作品を作る人間は、短編、10分で終わる程度のものでいいから短い話を何本も作り、完成させた経験を積むべきだ。ドラクエでもそうだが、途中で逃げた場合経験値は入らないのだ。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]