忍者ブログ

同人ゲームやフリーゲームはもちろん、ゲームデザイナーを目指す人、これからゲームを作りたい人、今もゲームを作っているがなかなかうまくいかない人向けの、ゲーム開発に関するブログ。

2016/02/03 (Wed)
2chで叩かれてやる気が無くなった時
2chを利用しているときに、よく人が叩かれているのを見たことが有ると思う。そしてその時、嫌いな人やどうでもいい人が叩かれているときは何とも思わなかったが、好きな人が叩かれていると腹が立ったと思う。その中で、自分が叩かれた経験というのはどのくらいあるだろうか? 匿名同士であっても反論され、罵倒され、耳を傾けない相手に何度も説明する不毛さ。こいつはいつになったら話を聞くんだろうか。馬鹿なんだろうか。どうしてこんな低俗な人間が存在するんだろうか。そういう不愉快な思いをしたことはあると思う。

 ゲーム制作にせよ、小説にせよ、イラストにせよ、何かしら発表をすると必ずそれに対する反応と言うものが出てくる。blog日記でさえもそうなのだから、より多くの層にアピールする創作活動はなおの事だ。発表した以上、何かしらの反応は期待するし、ついつい探してしまう。そして2chにいきついて、思いのほか罵倒されていてショックを受ける。

 ここまでは誰しもが通る道。大事なのはここからどうするか、だ。

 人から叩かれるのが怖いからといって創作の手を引っ込めてしまうのも一つの手だ。ただし、その場合は二度と創作には手を出せなくなってしまう。逆に叩きに対して腹を立てて、反論を張るのも、選択肢としては有ってもいいと思う。しかし、知っての通り、罵倒してくる相手は罵倒が目的なので、反論を読んではもらえない。一番いいのは、見方を変えてしまう事だ。

 人は損に動かされれる。しつこいようだが、人は損に動かされるのだ。これは、ゲームを遊ぶ相手に限った話ではない。我々、作り手も人だし、叩いてくる相手も人。叩かれることが損だと思い、損だと感じるからそれを避けたいという心理が我々に働いている。だがしかし、何かを見て何かを思う、と言うのは決して制限できるものではないので、叩かれる事そのものは防ぎようがない。

 ではどうするか? 叩かれることが損ではない、という発想の転換を用いるといい。

 叩く人はどこで叩くか。だいたいは2ch。極まれに直接コメントに来る程度。よって、2chさえ見なければ、損した気分だけは回避できる。さらに実際2chで叩かれたことがどれほど影響を受けるかというと、大した影響は無い。例えば製品に大きな問題、ウィルスなどが入っていた場合や完成度が低い場合、2chよりも先に出てくる影響がある。ウィルスであれば委託した先から。完成度であれば次回作の売り上げやその作品の評価として現れる。見るべきはそちらであって2chではない。

 叩く人はどういう人なのかと言うのも重要だ。毎日のように我々のブログをチェックし、ちょっとでもおかしなところがあればURLを2chに張り付けて拡散しようとする。ただし、罵倒が目的であるため、文章を全く読まない。作為的な引用を行うが、URLを張るためにまともに文章を読める冷静な人には、逆に好感を与えることになる。よって、頭の悪い熱狂的なファンだと思っても一切差支えは無い。叩く人のいう事を信じる人は、ほとんどいないのだ。

 そして、叩く人はなぜ叩くのか、と言う話。くどいが、人は損に動かされる。つまり、相手を叩かないと損をする人物、という事だ。面識のある人で、足並みがそろわないから切り捨てた人、いないだろうか? あるいは、創作の無茶なリクエストを断った人居ないだろうか? もしかしたらあなたの才能に嫉妬している人かもしれない。そういった人たちが今後、果たして活動していくにあたって目の前に立ちふさがる大きな壁となるだろうか? 有りえない。手を動かさないから、頭の下げ方を知らないから、自分の努力不足を棚に上げるから、人を叩くことしかできない。もっとはっきり言うと、彼らは無能なのだから、今後力になることもなければ、障害になる事もない。

 一番大事なのは、叩かれるという事は評価がある、話題になっているという事だ。筆者は作ったが一切反応が無く叩かれさえしない作品を作ったことが有る。それも何十作も。今は叩かれているが、それだって、一切反応のない数年を乗り越えたからこそ。自分より有名な芸能人に目を向けてみよう。もっと理不尽な事を叩かれている。駆け出しの無名の相手をわざわざ叩く人はいない。叩かれるという事は、自分がどの程度影響力を持っているか、と言う物差しでもある。

 だから叩かれる事自体は気にしなくてもいい。もしもあまりにも酷い脅迫が届くようであれば警察に相談をしてしまえばいいのだから。我々の温情で、叩かせてあげていると。せいぜい宣伝頑張ってくれ。話題になるのはステータスだと考えておけば何の問題もない。

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

No Title

こんにちは。
私も、ジャンルは異なるのですが全く同じような経験をしたことがあり、うんうんと頷きながら拝見しました。

私はネット上で投資関係の学習会を開いていて
お金に関することですから、(儲かっていない人から)妬まれることも多いです。
特にこの日本ではお金儲けの話題を嫌う「嫌儲」という人々が多いようです。
お金って、豊かな人生を歩むために大事なもので、決してぞんざいに扱ってはいけないものだと思うのですがね・・・。

以前、2chで私を叩く人がいて、心細くなったことがありました。
熱心に学べずに学習会から追い出された人は、大抵私に復讐をするために2chに書くか、アンチブログを立ち上げて有ること無いこと(ほぼ無いこと)を書き始めます。
「たぶんあの人だろうな」と、私にも心当たりがありました。

しかし「2chを読んで来ました」と、2chから私の学習会にたどり着く人が多いことに、あるとき気づきました。
その人達からのメールの内容はいたって「まとも」で、2chでの書き込みを冷静に捉えているようでした。

ねらーが正しいのか、私が正しいのか、分かる人には分かるんですよね。
しかも2chで無料で宣伝してくれるし、「分かる人」だけ「まともな人」だけが私の学習会に来てくれるし、よく考えたらいいことづくめなことに気が付きました。
  • milk さん |
  • 2017/05/20 (09:51) |
  • Edit |
  • 返信
  
プロフィール
HN:
3dpose
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
素材屋GYMを運営。
TRPGや同人ゲームなどを制作。
P R
Copyright ©  -- ゲームデザインブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]